らくソム

日本茶のある暮らし シンプルライフ

適度な粗食のメリット

楽しい休日が終わりました。
美味しい食事と酒とのんびりとした時間、最高です

しかし普段はなるべくシンプルに
粗食に努めてます。これも節約だよね



f:id:lifestyle-sommelier:20200730094111j:plain

粗食って、その基本

粗食とは、決して粗末な食事を意味するものではありません。
一汁一菜、つまりご飯とお味噌汁に少しのお漬物などの食事の事を粗食と呼びます。

お寺の方の精進料理もこれに該当するのではないでしょうか

それ以外では基本的に戦前の食生活形式に近い内容の食事が本などにのってます。

粗食の内容

基本的に西洋的ではなく、昔ながらの一汁一菜スタイルになります。
ごはんも雑穀入りや玄米食が主体になります。
ただ明確なルールはありません

肉は基本的にとらない
人によってはとりますが外でランチをすると何かしら肉って入りますよね
普段の食事では摂りすぎないようにしてる、もしくはとらない人が多い

旬の野菜はたっぷりと、これは旬の栄養、ビタミンやミネラルを取ることが重要だからです。

なによりお腹いっぱいにしないこと
腹八分目という言葉が重要です。

平日、粗食は気軽な新しい粗食スタイル

ヴィーガンとかマクロビの人が悪いわけではありませんが
これらのルールに必ず順守することは難しいですし
他人に強要することはないかと思います。

それらよりシンプルに平日はさっと楽に、それでいて活動する栄養を得る手段として
粗食をとりいれています。

なにより休日ははりきって妻と食事を楽しむために
胃腸が重い感じなので、これらをいたわる食事内容にしたいと考えたわけです。
多少意識するだけで、健康、ダイエットにも多少なっているでしょう。
精神的にも健康なことをやったぞ!っていうのは
お茶も含めて平日のルーティンにいいようです。

以外に節約にもなってます。

粗食のすすめ

皆様も食事も普段は簡単なもので
休日とのメリハリをつけてみませんか

この本の写真みるのが好きです

内容は結構、西洋否定も入ってるので人によると思うけど
和食の魅力、シンプルさの魅力は伝わるかな