らくソム

日本茶のある暮らし シンプルライフ

氷でお茶 最高の贅沢 氷出し玉露

今回は究極ともいえる贅沢、氷出し玉露についてです。
玉露ってなにって方は過去記事を
lifestyle-sommelier.com



f:id:lifestyle-sommelier:20200607093159j:plain

氷出しって何

そのままです。
お湯、水出しと変わりませんが、氷が溶けた水のみでの抽出している状態
少しづつ氷が溶けるのと、非常に水の温度が低いため
ゆっくりと成分の一部を抽出します。
水分により茶葉が開いて成分がにじみ出るようにゆっくり開きます。

低温ででる成分?テアニンなどアミノ酸の旨味

何回かお茶の説明のときにどのように抽出するのか
についてお伝えしましたがお湯でだしたほうが
味わいや栄養分の成分がでるのですが
お茶である以上、煎茶では渋みもでます。
適度な渋みのあるお茶はもちろん美味しいのですが
お茶の旨味だけをだすには低温であれば渋みはほぼでない状態となります。
お茶はアミノ酸の塊。
更にテアニンというアミノ酸の一種は甘みがあるような
優しい旨味です。
玉露の旨味を最大限にだす手法ともいえます。
カフェインもでないので子供に旨味を教えるのにもいいですよ

やってみよう氷出し

もちろん玉露じゃなくても美味しいのでやってみましょう。
今回は玉露です。



f:id:lifestyle-sommelier:20200607093212j:plain


まずは茶葉を10g(11gになってしまった)
氷をいれて
溶けるまでまつ
これだけ
そんなに待てないという人は
氷をいれてラップか密閉して冷蔵庫に入れると
よりゆっくり氷が溶けるから
寝る前にやっても朝まで放置できます。

飲むと驚く氷出し

長時間かかって
濾したらこれだけ、玉露11gなら2回飲めるだろ
それくらい贅沢な飲み方ですが
味わいはいかに……



f:id:lifestyle-sommelier:20200607093220j:plain



あ、甘い。そして香ばしい海苔のような香りと茶の純然たる清々しい緑
そして広がる旨味、雑味の一切ない、純粋たる旨味とコク
舌の上に長い時間残る余韻。
最高峰のワインを飲んだ時のような極上の体験
ただこの約45ml程度の液体に11g分の味わいが溶けてるのだから
贅沢の極みだろう
原価にして400円
ホントに少しづつ口に乗せるように飲む
そのたびに幸せになる

私がお茶に目覚めた一杯は玉露の氷出しだったのですが
たまにやる贅沢です。
いいお酒よりは安いので試してみてほしい飲み方


その後、茶葉をどうするのか。再利用しよう

氷出しはだいぶ成分がでますが
液体にはそこまで接触していないので
もう一回、今度は水でたっぷりと水出しをやるのが2煎目
通常の煎茶と同じくらいの味わいは十分にでます。
このあたりはさすが玉露=高級品でしょうか。



f:id:lifestyle-sommelier:20200607093233j:plain



次回は更にこの玉露茶葉を利用したいと思います。
栄養も味わいも最大限に利用して
丁寧で無駄のない暮らしを。