らくソム

日本茶のある暮らし シンプルライフ

水出し煎茶のススメ

暑い季節がやってきますね、その前にジメジメ……考えると…

なので水出し煎茶をオススメします。

ペットボトルの茶で十分と思ってる人こそ試してみて、常識が変わります。



f:id:lifestyle-sommelier:20200528094412j:plain


作り方の基準

f:id:lifestyle-sommelier:20200528094451j:plain


お水500mlに茶葉を5g
今回は500mlPETでやってみました
簡単です。
ティーバックしかない人は2つくらいが目安
イメージとしては100mlにつき1gの茶葉です。
これを標準にして考えて、1.5~2倍までの量の茶葉で調節しましょう。
冷たいと渋みがでにくくお茶のアミノ酸(旨味成分)がよく感じられるので
そのまま冷蔵庫へ。
目安は冷たい時は6時間は置く



f:id:lifestyle-sommelier:20200528094429j:plain



ゆっくり抽出します。前日にやっておくとよいですね。
冷たい状態での抽出は一晩置いても問題ありません。
大きい容器でやるときは丸1日以上は冷たくても雑味がでるので濾してね。
暑い湯だととんでもない渋みになってそうですが。
これを濾して完成。

濾すのが面倒な人はこれがいいです。
飲食店でもいろんなドリンクをつくるのに使われてます。


水出し茶はコスパがいい

100g千円の日常にはそこそこの値段の茶葉でも5g程度なら50円。
水はミネラルウォーターのほうが楽ですが、水道水ならカルキを飛ばせば問題ありません。
正直500mlペットで某有名メーカーさんの煎茶(緑茶)が飲めなくなります。
思わず、コンビニで買うと以外に高いですし。
そのくらい美味しいのに安上がりするので是非とも試してみて

水出しの優しい甘み、旨味と渋みがでないことによる煎茶の清涼感はこれからの季節にオススメです。

成分を重視するならお湯のほうがいい

テアニンなどアミノ酸が目立ち、柔らかく旨味があって
最高な水出し茶ですが
お茶の主要成分のカテキンやカフェインが抽出が少なくなるので
そこの効能が少なくなります
なのでお湯、水出しのどちらも楽しめたら最高ですよね

お茶の味わいを知ってもらうのと夏場は最高なので
試してほしいのですが、寒いときや朝は温かいものがいいいです。

※朝一番ではカフェイン取りすぎ注意。焙じ茶などカフェイン少なめがよい


追記 料理と水出し茶の相性について

ソムリエらしい意見として料理ともたのしめます。
シンプルにお魚と。ふっくらとしたホッケや、白身魚の塩焼きなどがオススメ
素材のシンプルな調理法と水出し茶の旨味がわかりやすい組み合わせ、
渋みがないほうが柔らかい素材のふっくらとした印象とよいです。
魚に茶葉を細かくしたものをかけて魚焼きで火入れ(蒸すのが特にいい)すると、
香りや旨味がうつって、よりいい相性になります。

グリーンアスパラのアスパラギン酸という成分も同じアミノ酸系なので相乗効果があって美味しいですよ。


まずは水出し茶を気軽に試してみてください。