らくソム

和の趣のある暮らし シンプルライフ 日本茶

今、この自粛ムードで家にいるのが疲れたら少し考えてみよう

最近のコロナからの自粛、制限が多いためストレスが溜まってる人が多く見受けられます。
今、この時代だからこそ人間の本質や生き方を考える時期なのではないでしょうか。


①みんな窮屈に感じている理由は何?
経済的に困窮してしまっている方はもちろん焦りや苛立ちがあるのはわかるのですが、ただ外出できないとかの理由で窮屈に感じるなら、その理由を考えてみる必要があります。
コロナ離婚についてなんですが、お互いが真剣にこの事態に話し合うこともなくただ普段と違うことにいら立っているように思えます。コロナを理由にしているだけで家族でのコミュニケーションが取れてないのでこの事態でなくてもこういった場合に弱いんだと思ってしまいます。
家というコミュニティーで今後どうあるべきか、生活していく必要があるのかというのは話すべきでしょう。

②やることがなくて退屈だと思う人へ
私は仕事はお給料をもらってるならプロとしてキッチリするタイプで、仕事そのものは好きなので、もししばらく休めといわれるとちょっと寂しいのですが、世間の不要不急の外出をしない、なるべく動かない状態に嫌な気持ちというのがありません。
すべての過ごす時間に理由が必要かと考えているからです。
何もしないと怠けていると世間では捉えられるものですが、正直その思考に囚われているんだと思っています。
何もしなくてもいい、のんびりとする、暇だからストレッチでも、瞑想でもいい、本を読んだっていい、そういったゆるやかな時間の流れを感じてリラックスできることの大切さを感じていただきたいのです。
逆にいまだからできないことだと思うくらいの穏やかさがないといけないのではないでしょうか。
kinarino.jp
こんな感じのコラムも参考になりますね。

部屋をキレイにして思考をシンプルに、心穏やかにすごしていただければと最近はどうしても思ってしまうこの頃です。
なにもない時間の流れをゆるやかに過ごしてみませんか。